施術時の触り方について-まとめ

施術時の手の触り方について3回続けて紹介してきましたが、今回はそれらの復習やまとめです。

そして、他の先生方の動画で違う角度と表現で「触り方」について解説していますので、こちらも紹介していきますね。

施術効果がアップする”触り方”のおさらい

まとめ

・手の力で圧をかけるのは ×
・体で加重させるのは 〇
施術の触り方で効果が変わる。基本的な方法をご紹介-1

・自分の力を使うと感覚が低下 ×
・自分の力を使わないと感覚が上がる 〇

施術者の体の重心のかけ方で力が抜けないようにするには?-2

・体重を軸足にのせて施術する。
・胸鎖関節を固定側の手に向ける。
・手の壁を作ると体重が逃げない。つまり、施術側の腕と体を密着させて胸をはる。(肩甲骨を内転)

施術時に体重を乗せる際の意識する部位は?手と胸鎖関節の関係-3

施術時はどうしても手に力が入りがちで、意識して抜こうとしてもなかなか抜けない場合があります。

センスや運動神経の高い方は自分の神経をこのようにコントロールするのは容易いでしょうが、自分はこの技術の感覚が分かるまで随分と時間がかかりました。

「腕から先の末端の指まで加重をかけるけど手の力は抜く」これができるようになるには、長期間の実務経験が必要になるケースがあります。

職場のスタッフ方とお互いアドバイスしながら練習すると上達も早くなるでしょう。

他の先生方の動画で「触り方」について違う角度と表現で解説していますので紹介します。

 防御反応”を一切起こさず圧を加える秘密

"防御反応"を一切起こさず圧を加える秘密

こちらの動画は押圧刺激を多用する指圧もみほぐしなど、マッサージ系の実技に取り入れると効果が上がるかと思いますので参考になります。

タイトルからするとそんな不思議な方法があるのかと疑ってしまいますが、動画の中で防御反応が起こすケースと起こさない方法の違いを実証しています。

そのポイントとなるのが「丹田」「体の連動性」です。

自分でもマッサージ系のもみほぐしを行っていますので、上記の「丹田」と「体の連動性」を意識すると、より少ない体の力で加重をかけても相手の深部まで力が伝わるのが感じ取れます。

これは相手が防御反応を起こしていないために、筋肉が柔らかい状態を維持しているものと感じ取れます。

 施術効果が即アップする”触り方”とは?

【ビデオ】施術効果が即アップする"触り方"とは?

こちらは手のひらと体の接触部位について手首から指にかけての圧について詳細に解説しています。

実際にこの方法で触り方についてしっかりマスターすることで、使っている手技の効果をさらにアップさせることが可能です。

・皮膚や脂肪の遊びを取る程度の圧とコンタクトポイントを意識する。
・手のひら全体で均等に圧をかけることができている 〇
・手根部に圧が集中して、指先まで均一に圧がかけられていない ×

まとめ

・施術時の姿勢
・体重移動
・相手への圧のかけ方
・手のひらの触り方

施術する時の触り方で、大まかな項目になるのではないでしょうか。

どのような手技を用いるとしても「触り方」は基本となりますので、しっかりマスターしておきたいですね。

コメント